eBay専門|出品代行 / コンサル / 運用代行のMuFFort

海外販売:3つの手段

  • HOME »
  • 海外販売:3つの手段

海外販売の手段は大きく分けて以下の3つになるかと思います。

1. 自社で現地販売

<メリット>
①現地のマーケット状況が把握できると同時に状況に合わせた自社独自の戦略策定が可能

<デメリット>
①日本からの人材派遣か現地雇用する必要があり、人件費がかかる。現地法人設立の場合には更なるコストが必要。
②その人件費に見合う販売に繋がるかは未知数。
③現地代理店を選定する場合でも、信用のおける代理店開拓には時間がかかる。

2. 自社海外販売サイトを構築し販売

<メリット>
①売上に繋がる体制が構築できた後は、販売後の手数料も安い。

②自社独自のマーケティング施策が可能=モール等による制限がない
③一度販売後はリピート率も高くなる傾向がある。顧客の囲い込みが可能


<デメリット>
①パッケージ等にもよるがサイト制作自体に費用がかさむ場合もあり、また制作後もサイト認知のために広告費等のコストがかかるわりには、それに見合う売上につながりにくい

3. 越境ECモールでの販売

<メリット>
①抜群の集客力
②仕組み自体はできあがっているため、利用しやすい=自分で構築する必要なし
③国際間の取引におけるリスクを軽減するための仕組みが確立しておりリスクが低い

<デメリット>
①手数料が高い
②競合との比較対象になりやすい

上記のような手段を検討し、コストのリスクを抑えつつ短期間で集客ができるだけのインパクトがある手段として
越境ECモールの需要が高まりつつあります。

PAGETOP